@kanibeam_jp

自転車メッセンジャーやってます

俺のタバコ論

 

俺はタバコも酒も大麻も覚せい剤も同じものだと認識しています。ひいてはコーヒーも。たまたま歴史的なアレコレがあったからタバコと酒は公にセーフということになっているだけ。

 

 同じものなんだから、同じように取り扱われるべきだというのが「俺のタバコ論」。

 

そもそも前提がおかしいんですよ。飲酒運転はアウトなのに喫煙しながらの運転はセーフな根拠は何?ニコチンにも鎮静作用があり多量に摂取すればヤニクラも起こすし頭もボーッとしてきます。

 

朝っぱらからタバコ吹かしていい理由もわかりません。朝起き抜けにワンカップ煽ってる奴って確実に頭おかしいと思うんだけど、タバコはなんでセーフなの?

 

結論から言えばタバコ吸うときは腰を据えて吸え。屋内だろうが屋外だろうがそこらへんでスパスパ吸ってるから喫煙者と非喫煙者の間に軋轢が生まれるんでしょう。喫煙ブースで他人の知らねーオッサンと肩を寄せ合って吸うタバコは美味いですか?

 

俺も喫煙者ですが葉巻しか吸いません。タバコはコイーバオリジナルだけ。(これは中身が葉巻の余りにカスです)頻度も月に1回吸うか?という感じです。街中でなんて考えられません。意味がわからない。

 

要は嗜好品なんだから嗜好しろよって話だと思うんですよ。クソまずいタバコを美味く思えないシチュエーションで吸って(まさしく)金をドブに捨てて楽しいですか?

 

一方で昨今のタバコいじめもおかしいんですよ。よく肺が真っ黒になった写真を指して「タバコ吸うとこうなる!」って言うけどそりゃ1日1箱を何年も続けてたら肺は真っ黒でしょうよ。

 

毎日角瓶1本開けてたら間違いなく肝硬変まっしぐらなわけで、そんな極端な例を指して「タバコは有害」なんていうのは主張として筋が通っていない気がします。じゃあ健康に悪いことを全部排除して枯れ葉みたいに生きる人生は本当にベストなのか?ほんの些細なゆとりの感じられない人生なんて俺はまっぴらです。

 

昨今のタバコ議論が平行線になってるのはもうこの点なんじゃないかと思うんですよ。吸う奴は咳き込みながら健康に悪いのを分かっていて健康に悪い量を吸って「許してくれ」つってるし、吸わないやつは僅かな煙でも「お前のせいで死に一歩近づいた」とギャーギャー言うんです。肩までタバコ沼に浸かったやつと足の指先も触れてないやつでは見えてる世界が違うのも当たり前。

 

喫煙者はタバコやめて葉巻を吸え。喫煙習慣もなくなり本当の意味でタバコを楽しめていいですよ葉巻は。パイプでもいいけどね。喫煙時間も長いから1日の終わりにソファに腰掛けてゆっくりと吸うのが良いんです。

 

だれもあなたに「お願いだから煙を吸ってくれ」って頼んだわけでもないんだから、せめて自分がリスクを承知で体に悪いものを取り込む行為くらい楽しんだほうがいいと思いますよ。