読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@kanibeam_jp

自転車メッセンジャーやってます

続々*Anovaでいろいろ作る(チャーシュー)

飲食関係


f:id:kanibeam_com:20170311122837j:image

先日仕込んだチャーシューですが、寝る前に考え直したら豚肉にはコラーゲンが多く含有されているのでそれなりに調理時間を取ったほうが良かったのでした。

 


f:id:kanibeam_com:20170311123009j:image

なので65℃で4時間ヤッてみた。60℃以上で2時間調理するとコラーゲンが分解します。つまりメッチャ柔らかくなる。

 


f:id:kanibeam_com:20170311123118j:image

切ってみました。

 


f:id:kanibeam_com:20170311123129j:image

表面バーナーで炙っちゃったりして。

 


f:id:kanibeam_com:20170311123147j:image

 

ああ〜〜〜〜〜〜ん!!!!もう!!!!うまい!!!!!!

 


f:id:kanibeam_com:20170311123204j:image

一通り酒飲んだら丼にしていただきます。

※昼飯です

 


f:id:kanibeam_com:20170311123230j:image

当然中心の温泉卵もAnovaです。

 


f:id:kanibeam_com:20170311123248j:image

割るとこう!!!!!!!!!

 

 

ンまーーーーーーーー!!!!

これはいけません!!!!いけませんわよ!!!!!!!

続*Anovaでいろいろつくる

飲食関係


f:id:kanibeam_com:20170310194503j:image

まずはステーキ。バターと塩コショウ、ニンニク。


f:id:kanibeam_com:20170310194525j:image

デカいけど厚みはさほどなので今回はサッと湯がくイメージで行きます。

 


f:id:kanibeam_com:20170310194702j:image

つまり55℃。いや、56℃かな。20分やります。

 


f:id:kanibeam_com:20170310194727j:image

はいズドン。

 


f:id:kanibeam_com:20170310194759j:image

20分経ったのがこちらです。

 


f:id:kanibeam_com:20170310194826j:image

低温調理した肉というだけではステーキではない。メイラード反応(焼き目)をつけます。

 

本当はこんなこと(撮影)をしている暇はない!サッと焼きます。

 


f:id:kanibeam_com:20170310194925j:image

残った肉汁に酒と醤油を加えて沸騰させる。

 


f:id:kanibeam_com:20170310194950j:image

盛り付けてこちら。柔らかい!

 


f:id:kanibeam_com:20170310195133j:image

続々行きます。これは鶏もも肉(2枚)

 


f:id:kanibeam_com:20170310195153j:image

と卵。

 

これら2つは同じような温度帯と同じような時間帯なのでまとめて調理する。

 


f:id:kanibeam_com:20170310195258j:image

こんな感じで。

 


f:id:kanibeam_com:20170310204107j:image

鶏はこう。間違いなく柔らかい。でも冷蔵します。

 


f:id:kanibeam_com:20170310204132j:image

温泉卵は水で冷やします。

 

今回はかなりトロトロな仕上がりの様子。

 


f:id:kanibeam_com:20170310210916j:image

最後はチャーシュー。

 


f:id:kanibeam_com:20170310211147j:image

65℃で30分。これは食べるときに火を入れます。

Anova Precision Cookerを買ってみた。

健康・ダイエット 飲食関係 文房具・雑貨

 

 

 

 

 

 

 

こんなものを買ってみました。

 

要するに給湯器みたいなもんで、指定した温度まで水を温めて撹拌する機能がついています。

 

これにziplocなんかで真空パックにした食材を入れて、低温長時間で熱を加えるとタンパク質の熱変性の関係で美味しさを損なわないというものです。

 

www.kwappa.net

 

詳しくはこのへんで。タンパク質は2種類あり、ミオシンは50℃で、アクチンは65.5℃で変性します。この境目を狙って63℃とかで火を通すとミオシンだけは火が通ってアクチンは火が通らない状態を作ることができます。これがいわゆるジューシーで美味しいお肉、ミディアムレアの状態です。

 

Anovaではお湯の温度を「63℃」と指定するともうず〜っと63℃に固定してくれるわけで、食材の温度管理がえらい楽。これで色々やってみます。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BRQCTB3j7A8/

まずは63℃で焼肉用のレバーを30分ほど調理してみました。

 

https://www.instagram.com/p/BRQMZ2cDwxW/

 

盛り付けるとこんな感じ。レバ刺しは禁止になりましたが、63℃30分だとかなり生っぽい食感になります。「もうコレで良いんじゃないかな」という感じ。豚レバーはプリップリです。鶏とかだとふわふわの食感になるみたいですね。

 

 

https://www.instagram.com/p/BRQRuWgDGYz/

温度管理が楽ということは温泉卵も自由自在ということ。これは67℃で30分。理想的な温泉卵が作れました。基本的に放置しておくだけなので量産も楽。

 

真空パックしたものを湯煎するので、火を通した後の管理も楽ですね。そのまま冷凍庫に突っ込めば長期保存もできると思われます。

 

食材と一緒に味付けをすることもできるし、最近流行りの低温調理チャーシューとかローストビーフも自由自在です。コレは良いもんですね。

 

また色々作ったら公開します。写真もちゃんと撮って。

10年前のタバコのエントリに対して超今更のリプライ

葉巻・タバコ

d.hatena.ne.jp

 

2007年のエントリが出た。この時代から10年、ますますタバコは肩身が狭くなってますね。

 

 

blog.kanibeam.jp

 僕はもーコレもんなんで、タバコは喫茶店かバーか自宅でしか吸えないものだと認識してます。

 

というか、咎められても反発して吸い続けないといけないほどニコチンが無いとマズイならそれはマジで一度禁煙でもしてニコチンを代謝させるべきでしょうね。

 

タバコも酒もコーヒーも炭水化物も広義のドラッグです。たまに自発的に禁酒禁煙禁コーヒー禁甘物でもして「俺って自分が好きでタバコ吸ってるんだよな?ニコチンに吸わされてないよな?」ってのは定期的に確認した方がいいんじゃないでしょうかね。

 

先週私は月〜金平日一切の酒断ちができたので「ああ、アル中じゃなくて良かった」と思いました。そんな感じです。

消火器を室内にぶちまけた時のTips

クソどうでもいい話

https://www.instagram.com/p/BQK1XGQgQZp/

とりあえず消火器が爆発したのでご報告致します

 

 

ッッッッヒュウウウウゥゥゥゥゥゥゥウウウウウ!!!!!!!

キッチン脇にあった消火器の上にオリーブオイル瓶が落下して、まさにちょうどよく安全装置にぶつかったようです。

 

「シュー」って音がするからなんかガス漏れでもしたのかと思った瞬間粉が吹き出てきました

 

結構な時間シューってなるんで「あれ?」って思うくらいの余裕があるので本当に使うときは気をつけてね

 

で部屋は上の写真みたいになりました。

 

色々Yahoo!知恵袋とかでもマー調べたんですが、なまじ水分を含ませると頑固にこびりつくのでダメですね。

 

かといって掃除機はすぐにフィルターが目詰まりして吸えなくなるのでよろしくありません。

 

基本は掃き掃除(ほうきとちりとり)ですね。

 

で、あらかた粉を取り終えたらいよいよ拭き掃除します。

 

水を絞ったショップタオルがいいと思います。

 

 

blog.kanibeam.jp

 

こんな時にもガンガン使える。ショップタオル最高ーーーー!!!!(ステマ)

 

1回水拭きしてもしばらくして乾いてくると粉がまた浮いてくるので、2〜3回拭き掃除する必要がありますのでお気をつけて。

 

だいたいやらかしてから2時間くらい掃除すれば7割がたは復旧できます。

 

これぐらいまで復旧すると「あれ?これはもともとの埃かな?それとも粉かな?」って迷うくらいになりますのでもういいんじゃないでしょうか。

 

あとは気が向いた時にちゃんと掃除すればいいですね。

 

お疲れ様でした俺。

 

 

にしてもメッセンジャーやってると仕事中にチェーン切れたりディレイラーぶっ壊れたりブレーキレバー折れたりパンクしたりバーストしたり色々あるんで少々のことじゃ驚かなくなりますね。我ながら超淡々と処理できて自分の成長を感じました。

SCOTTのショップタオルをamazonの定期便にした話

自転車・メッセンジャー 文房具・雑貨

 

SCOTT ショップタオル ブルーBOX 200枚 65920

SCOTT ショップタオル ブルーBOX 200枚 65920

 

 

これ。

 

便利すぎてあまりに生活に溶け込むので有り難みが分からないものってあるよね。

 

ziplocとか、100均で売ってるメッシュの袋とか、輪ゴムとか、ワニ型クリップとか。

 

これもその一つ。

 

これはホントなんでも使えるので超オススメ。

 

家の台ふきん、コンロや換気扇(あとテレビとか)の掃除は勿論自転車の清掃にも使えます。あとゴキブリぶっ殺した後の処理とか。あと最悪トイペ切らした時にウンコ拭けます。

 

特にチェーン回りは繊維の毛羽立ちがないので余計なゴミを巻き込むこともなく、厚手なので油が染みこんで手が真っ黒ということもなく快適に使える。

 

注油なんかした日はお守り代わりにポケットやサドルバッグに2〜3枚突っ込んどくのも良いでしょうね。

 

しばらく走って油が馴染んで表面に汚れが浮き出てきたらガッと拭いてそのまま捨てる。

 

使い心地は紙というより布に近くて、水やアルコールが染みこんでもへこたれないので水で濡らしてフレームを水拭きするもよし、パーツクリーナーガンガンに染み込ませてリム清掃とかも大丈夫です。

 

「使いふるしのTシャツをウエスに」とかいう場面はこれで大丈夫。

 

amazonで定期おトク便対象になってます。1800円ちょいが1680円くらい。

 

一箱で200枚入ってるので3〜4ヶ月に1度配送にするとよいでしょう。

 

こういうものはケチケチせずガンガン使った方が使いでがあります。

 

ロール(55枚)でもいいけど、箱で頼んだ場合amazonの人が箱ごと持ってきてダンボールのゴミがその場では出ないので届いたらボーンと床に置いとくだけなので便利です。ティッシュみたいに使えるし。

寿司死ぬほど食いたい

クソどうでもいい話 飲食関係 PC・ネット

スーパーのお寿司でも専用のステージを与えれば魂のレベルが上がる - ココロ社

 

急に寿司が魅力的に映ってきた。歳だな。

 

もちろんまだまだ肉大好きだしジャンクフードも大好きなんだけど、「あー寿司食いたい」と思う率が半端ない。

 

刺し身に行かないのはまだギリ20代の矜持ということでよろしいか。

なんで街乗りでピストに乗るの?という話

ファッション・ライフスタイル 自転車・メッセンジャー

街乗りとギア比、ポジションの話を総括してみたいと思うんですけどね。

 

途中で言いたいことがわからなくなってハンパなまま記事にしちゃったりするんですけど。

 

今回は街乗りに使うバイクとしてピストを選ぶ心理的動機の話をしてみたいなと思います。

 

あ、いちおう個人の感想です。

 

前提としておきたいのは、「都会で乗るぶんにはいわゆる『剛性のあるバイク』『加速性のいいバイク』が理想的だ」ということです。

 

もちろん、100kmなり200kmを延々と走破するならあまりに加速性能に偏ったバイクでは途中で脚が負けてしまうこともあるでしょうし、ヒラヒラとしたハンドリングでは体幹や上半身の筋肉にかなりの負担がかかります。 

 

ただ、結局街乗りで100kmをノンストップで走り抜けられないじゃないですか?どうせ信号には引っかかるし、美味しそうな飯屋があったら入ってみたくなるし、どこにでもスタバがあるからいつでも休憩も取れる。

 

メッセンジャーだって1日100kmくらい走るとはいえ、1回のデリバリーで走る最長はせいぜい15〜20kmくらい。仮に両国に住んでるのに新宿で仕事が終わったとしても20km無いと思います。18くらい?

 

そういうシチュエーションで「直進安定性」とか、「振動吸収性」とか、要らないと思うんですよね。

 

いや、勿論あるに越したことはないんだけど、それらを高めるために信号待ち明けのスタートダッシュの加速感とか、「ヤバいこの信号は絶対抜けておきたい!」という時のスピードが乗ってからのロケット的な加速とかを絶対に犠牲にしたくないと思うんですね。

 

たとえばクロスバイクからロードバイクに乗り換えた方なんかは、クロスバイクに乗ってるときにロードバイクに抜かされて「アイツみたいにもっとサクサク走りたいな」とか思ったと思うんですよ。

 

もちろんそれは重量だったりついているパーツのグレードだったりするんですけど、ホイールベースだったりリアセンターが短くて加速性が良いと言った要素も多分にあるはずです。

 

ここまで語ってやっと「なんでピストなの?」の話に入るんですけど、ピストはその「剛性感」とか「加速性」の塊なわけです。

 

なにしろチェーンにかかった力を逃がす要素(ディレイラー)がないわけで、いつでもチェーンはビシバシ張り詰めてます。

(※あくまで比喩です。ホントは少しだけたるみがあるのが理想的。)

 

もとが陸上で言うところの短距離走に相当する競輪の自転車なわけで、ホイールベースも全力で詰まってますしリアセンターなんてクリアランスギリギリ。「加速」には最も適したジオメトリをしていることが多いと言っていいと思います。

 

それに固定ギアにすれば力が逃げる最後の要素(フリー機構)ですら排除できるわけで、もう加速の鬼。鬼加速。いやゴメン、よくわかんなくなった。

 

だからまーそういう部分でピストを選んでる人は少なくないんじゃないですかね?僕も一時期乗ってて、仕事用にはメインでシクロクロスに乗り換えましたがやっぱり加速感には不満があります。「あーこれがピストならこの信号行けたな!」っていうね。

 

勿論、メンテナンス頻度を減らせるとか見た目がスッキリしていて良いとかも大事な要素。むしろピストをえらぶ第一の理由はその辺でしょう。

 

でも、おそらくその裏には「もっと尖ったバイクに乗ってみたい」「ゾクゾクするくらいの加速をしてみたい」という言葉にならない欲望みたいなのがあるんではないかと思います。俺は。

『朝ご飯BBQ』HABANA VEGAS@西麻布

葉巻・タバコ 飲食関係

まだ東京で消耗してるの?

こんなサイトもあれば、

 

momonestyle.com

一方でこんな記事があって「いいこと言うな」と思った。

 

東京で消耗したものを田舎で充電してる方とは

 

blog.kanibeam.jp

 この件でtwitterでやり取りをしまして、

こんなことがあった後、

こうなりました。

 

言ってることはいいこと言ってると思うんですけどね。

 

そんなことはさておき都会でしかできない大人の嗜みいくぜ。

 

blog.kanibeam.jp

 ちなみにタバコに関してはこう思っております。

 

西麻布にある葉巻屋・シガーバーは本気で経済観が凄いです。

 

もーカニやら和牛やらが食べ放題。シャンパンもラムも飲み放題。みんなで面白おかしい話をしながらモリモリ飲み食いします。なんと午前5時開催。今これで6時半くらいです。

 

勿論吸います。1時間半くらいの大きさだったでしょうか?1ヶ月ほど吸ってなかったのでクラクラしました。オープンエアーで吸う葉巻は美味い!

 

で、兵どもが夢の跡。

 

お片付けを手伝いながらビール貰います。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BPzN0I_jCnt/

葉巻と酒とコーヒーは文化だ。思想だ。六本木だ。

この写真めっちゃイイネされた。ありがとうございます。

六本木ヒルズをバックに葉巻の写真を撮れるのは東京だけですね。

 

 

最後、パスタ貰いました。超美味かった。

 

https://www.instagram.com/p/BP3QwHnAjED/

半ば強奪気味に(?)頂いたまぐろカマがまさかのグリルに入らなかったのでじっくりレンチンして食いました。超うまかった。

 

コッソリ片付けの手伝いの時にまぐろのカマも頂いております。

 

6時半から6時半、約12時間も居させてもらって牛食い放題酒飲み放題で葉巻も○本頂いて○○○○円!(金額はご厚意価格なので伏せます

 

こんな東京もあるよ、という話です。

 

師のいうことは一理あると思いますが、東京の何たるかを知ってて東京disをしてるんでしょうか?

 

メッセンジャーも師が言うほど冷たい関係ではなく、自転車がぶっ壊れたら調整してあげる、お礼にお菓子をあげる、荷物のパスのついでに飴1個あげる、タバコの貸し借りetc...とても東京が冷たい場所とは思えませんがね。

矢野大地氏の「絶対に死なない!?シェアハウス」についていくつか質問

PC・ネット クソどうでもいい話 文句

 

こういう取り組みがあります。

 

まだ東京で消耗してるの?で有名なイケダハヤト氏の元アシスタントで、現在ONEれいほくというNPOにお勤めの矢野大地氏がプロジェクトとして進めている「月5万の家賃の中に野菜と米が含まれていて死なないシェアハウス」なのですが、取り組み自体は素晴らしい物があると思う一方、「死なないだけでどうすんの?」とも思いますのでいくつか質問事項をまとめてみたいと思います。

 

www.haradesugi.com

 

ちなみに、反イケダハヤト派?のはらですぎ氏も同様のことは疑問に思っておられます。

 

なので先日ちょっとfacebookのメッセージで疑問をぶつけさせてもらったのですが、

返答がなんか的を射てないというか「いや、そうじゃない」って感じでした。

俺が言いたいのは「カツカツで本当にいいのか?」ってことです。

「月5万で死なないということは月5万だけ稼げばいいんだ」と思われそうですが国民健保と年金と税金くらいは払わないとですよね?あと家賃の他に光熱費は別途?そうすると「死なない」最低の額は5万ではなく8万ほどになると思われます。でもこれでも腹いっぱいメシが食えてストレスフリーなら問題ない。

でも、いつまでもこのシェアハウスに住んでるわけにはいかないじゃないですか?

矢野氏も『「間」として住んでもらう」と仰るとおり、このシェアハウスはあくまで一時的なものです。ということはいつかは出て、自分の商売をするなり心身共に健康になってまた東京で一からスタートを切るなりしなければいけません。そこで収入の話になるんですが、 

⑤仕事がある(ライティング、まちづくり関係、農業の季節バイトなど)ことで絶対に死なない

 

 

”ナリワイカレンダー”というものをシェアハウス利用者にはお配ります。そこには嶺北地域内で季節ごとにある一次産業バイトや常時受けられる仕事など様々なその日ぐらしをできる仕事情報を載せる予定です。

 

 

※毎年更新されていく予定!

 

 とのことです。これがいくら稼げるんですかね?

月8万の最低限の支出+自分の遊興費で1万円+貯蓄ができてないと「次のステップ」もヘッタクレもないわけですよ。年1回に実家も帰れないくらいカツカツになってたら目も当てられないわけです。

 

この「ナリワイカレンダー」って月いくら稼げるの?ってのが僕の疑問です。

月3万くらい、できれば月5万〜くらいは貯金したいわけですよ。

月5万貯金できればまる2年住んで120万は貯まるわけで、

「じゃあそろそろ東京でも帰ってみっぺな」とか

「じゃあ次の転居先の敷金礼金ぐらいはあるから高知市内で正社員の口でも探してみるか」とかできますがいたずらに時間だけ消費して一銭も貯まらないとかヤバすぎじゃないですか?

 

「はらですぎ」氏のブログでも立地条件の悪さには触れられていて、

 

 

ここに絶対に死なないシェアハウスが建つ前提になりますが、例えば高知駅まで車を利用した場合、高知自動車道(有料)を使って車で1時間弱もの時間がかかります。 また、高知駅まで公共交通機関を利用した場合は、最寄りのバス停まで徒歩30分弱かけて移動し、バスと電車を乗り継ぎ何と2時間弱もの時間を要します。 わざわざ高知市内まで移動しなくても、食材やその他生活用品はどこかで購入できるでしょうし、ネットをうまく使えば家から1歩も出なくても生活はできるとは思いますが、それにしても交通の便が非常に悪い。(Gooleマップで確認できた最寄りのコンビニまでは徒歩約30分) イケハヤ氏のようにどこに住んでいてもアフィリエイトで多額の収入を得られるような人には問題なく生活できるかもしれませんが、ネットでうまく稼ぐことができない人にとっては仕事を掛け持ちして生活費を稼ぐ必要があり、結構大変なんじゃないかなあと僕は思います。

イケハヤ氏が企画に関わっている「絶対に死なないシェアハウス」について思ったこと - はらですぎ

 と指摘されています。

金も貯まらなければ交通の便も悪いとなると仕事しに行くのもちょっとしんどい。もともとが車もないのに交通の便が悪いとなると車を持つと月5万くらい追加で必要ですよ。

そうなるとちょっとこれは果たしてここに住んで天国かね?という疑問が浮かぶわけですよ。矢野さん、ここ「貯金」できるんですよね?いくら稼げるんですか?

僕ならここに住む前提でも月15万くらいは稼げないと次のステップには進めないなと思います。

あるいは、東京でメッセンジャーやってても同じでは?

メッセンジャーは当然固定給ではありませんから幅はありますが、平均して20万円前半くらいは稼げるわけですよ。

 

出て行く額も少なくない仕事ですが、家賃の安いところを選べばなんとか食いつなぎつつ月数万円の貯金をすることはおそらく難しくはない。

 

しかもメッセンジャーならやりようによっては収入アップも多少は見込めます。貯蓄の額も増えるわけですね。

 

仕事もまったくストレスは感じませんよ。肉体労働で「きちんと」疲れて健康にも良い。いいことづくめです。

 

自転車というものを通じたコミュニティもありますし、イケダハヤト氏が仰る消耗する東京とはまた別の面が見られますよ。

 

いろいろ言いましたが、あくまでこのシェアハウスの取り組みっていいもんだと思うんですよ。疲弊した若者が気力を充実させて改めて自分の人生を設計し直すことができるならこんなに素晴らしいことはない。

ただ、何もかもかなぐり捨ててこのシェアハウスに飛び込んだ時に「いやー実はナリワイカレンダーじゃ月10万くらいしか仕事がないんですよー」って言われたら東京で疲弊するよりよっぽど辛い生活が待ってるわけじゃないですか。

勿論仕事を探すのは本人の責任だろって話もあるんですが、なにしろ場所が場所なので、呼ぶ側としては「これくらいは仕事ありますよ」って告知する必要はあると思うんですよ。その辺どうなってるのかなーってのを教えてほしいところです。

 

 

17/1/26 矢野氏から余裕との返事を頂けたので納得しました。多分これからナリワイカレンダーの中身とかも一部公表してくれるのかな?どんな感じの暮らしになるか楽しみですね。

俺のタバコ論

葉巻・タバコ 健康・ダイエット 文句 全力

 

俺はタバコも酒も大麻も覚せい剤も同じものだと認識しています。ひいてはコーヒーも。たまたま歴史的なアレコレがあったからタバコと酒は公にセーフということになっているだけ。

 

 同じものなんだから、同じように取り扱われるべきだというのが「俺のタバコ論」。

 

そもそも前提がおかしいんですよ。飲酒運転はアウトなのに喫煙しながらの運転はセーフな根拠は何?ニコチンにも鎮静作用があり多量に摂取すればヤニクラも起こすし頭もボーッとしてきます。

 

朝っぱらからタバコ吹かしていい理由もわかりません。朝起き抜けにワンカップ煽ってる奴って確実に頭おかしいと思うんだけど、タバコはなんでセーフなの?

 

結論から言えばタバコ吸うときは腰を据えて吸え。屋内だろうが屋外だろうがそこらへんでスパスパ吸ってるから喫煙者と非喫煙者の間に軋轢が生まれるんでしょう。喫煙ブースで他人の知らねーオッサンと肩を寄せ合って吸うタバコは美味いですか?

 

俺も喫煙者ですが葉巻しか吸いません。タバコはコイーバオリジナルだけ。(これは中身が葉巻の余りにカスです)頻度も月に1回吸うか?という感じです。街中でなんて考えられません。意味がわからない。

 

要は嗜好品なんだから嗜好しろよって話だと思うんですよ。クソまずいタバコを美味く思えないシチュエーションで吸って(まさしく)金をドブに捨てて楽しいですか?

 

一方で昨今のタバコいじめもおかしいんですよ。よく肺が真っ黒になった写真を指して「タバコ吸うとこうなる!」って言うけどそりゃ1日1箱を何年も続けてたら肺は真っ黒でしょうよ。

 

毎日角瓶1本開けてたら間違いなく肝硬変まっしぐらなわけで、そんな極端な例を指して「タバコは有害」なんていうのは主張として筋が通っていない気がします。じゃあ健康に悪いことを全部排除して枯れ葉みたいに生きる人生は本当にベストなのか?ほんの些細なゆとりの感じられない人生なんて俺はまっぴらです。

 

昨今のタバコ議論が平行線になってるのはもうこの点なんじゃないかと思うんですよ。吸う奴は咳き込みながら健康に悪いのを分かっていて健康に悪い量を吸って「許してくれ」つってるし、吸わないやつは僅かな煙でも「お前のせいで死に一歩近づいた」とギャーギャー言うんです。肩までタバコ沼に浸かったやつと足の指先も触れてないやつでは見えてる世界が違うのも当たり前。

 

喫煙者はタバコやめて葉巻を吸え。喫煙習慣もなくなり本当の意味でタバコを楽しめていいですよ葉巻は。パイプでもいいけどね。喫煙時間も長いから1日の終わりにソファに腰掛けてゆっくりと吸うのが良いんです。

 

だれもあなたに「お願いだから煙を吸ってくれ」って頼んだわけでもないんだから、せめて自分がリスクを承知で体に悪いものを取り込む行為くらい楽しんだほうがいいと思いますよ。

街乗りロードバイクの要件を考察する

自転車・メッセンジャー

マーあくまで仕事してての雑感みたいな感じになるのですが。

 

 街乗りロードバイク(というか街乗り自転車全般)にとって理想的な条件を考察していきます。

 

まず「街乗りロードバイク」と「スポーツ(試合)用ロードバイク」との走行シチュエーションについて。

 

うまい言い回しが思いついたので先に言っちゃいますが、スポーツシーンではギア比は自動的に決まると言ってもいいと思います。たとえば集団で走る時は集団についていくのにちょうどいいギア比やポジションがあり、アタックをかけるなら相応のギア比がある(重くしてブン回すのか軽くしてケイデンス上げて飛び出すのかは個人差だと思いますが)わけでして、自分のギア比なんかは周囲に合わせて選択する必要があります。

 

一方、街乗りでは状況を読みながらギア比を選択する必要があります。信号によるストップアンドゴーも多く、周囲の運転手や歩行者が自分のことを視認していないことも多いためです。

 

もちろん基本は順当に低ギアから高ギアに変えていけばいいのですが、ある程度ギアが上がってきたところでガツンとギアを落としたりすることも多いということは念頭に入れておくべきでしょう。

 

乱暴に言ってしまうと、「速度を上げるならフロントインナー、上がった速度を維持するならフロントアウター」というのが自分の結論です。

 

詳しくはアレなのですが、20代女性「フロントの変速機をどう使えばいいのか分かりません」 - cyclist

このコラムあたりを見るとわかります。

 

同じギア比でも「小-小」の組み合わせは大-大に比べ加速向き(のようです)。

 

大-大の組み合わせはチェーンがかかっているコマ数が多く駆動は効率的(チェーンテンションも上がりますね)。ただし加速はモッサリ気味のはずです。

 

まーもちろんチェーンのねじれなどもあるので、いくら加速重視と言ってもインナートップなんかで走れば駆動効率はものすごく悪いはずです。そのへんは空気を読む必要はあると思います。

 

ただ、例外はダンシングで加速する場合。たとえば「ココからココまで最高ラップで通り抜ければ信号に引っかからずに済む!」という時は、静止状態から十数メートルインナーローで加速したあと立ち上がり、フロントをアウターに入れてから加速します。

 

というのもインナーギアではダンシングしているとアッという間に踏み切ってしまうし、加速した勢いを使ってそのまま一定速度維持するなら先程の通り大-大の組み合わせが効率的なので。

 

でもまあこういうシチュエーションでギア比選択を常に考えながら漕ぎ続けてるときっとレースシーンでも最適なギア比の選択ができますよね。

炭火焼肉 唐がらし@平和島

飲食関係

まずはヒキにこの肉置いておきますね

 

といいつつまず最初はサラダから始めます。もう大人ですから。そんな歳ですから。

 

ユッケは桜肉でした。でも冷凍物の生牛肉ユッケも用意されているようです。このご時世にえらいね。

 

タン!!!!

 

バラ!!!!(塩)

 

緑茶ハイ!!!!

 

ビールと緑茶ハイ1杯ずつでタレに移行したわけですが、焼肉のタレ焼きって酒じゃなくてご飯の方が合う感じ。

 

ということでビビンパなど食べてみます。

 

勿論冒頭の肉を焼くことは忘れない。

 

ご飯食べ終わったらレバー・ミノ・シビレで最後の緑茶ハイ1杯を飲んで終了でした。

 

 

あー超美味かった。家族との食事だったので奢って貰っちゃいました。Azs!!!!!!

 

 

鳥勝@立会川

飲食関係

ここ、そのスジじゃ超有名店なんですよね。

 

通りかかると絶対ビックリするくらい並んでたりするし、店も死ぬほど満席なんだけどたまたまガラガラだったので入ってみた。

 


f:id:kanibeam_com:20170113185328j:image

ブイシーすぎるだろ店内。壁の色はおそらくほぼモツの脂で着色されております。

 


f:id:kanibeam_com:20170113185433j:image

早速瓶ビールで始める。メーカーのチョイスが渋いな…

 


f:id:kanibeam_com:20170113185523j:image

ガツ刺をオーダー。


f:id:kanibeam_com:20170113185604j:image

これがぷりっぷりで美味いんです。かかっているニンニク醤油唐辛子タレみたいなのもたまらない。

 


f:id:kanibeam_com:20170113185643j:image

野菜も頼みます。さきほどのガツにかかっていたタレと同じものと、マヨネーズがかかっている。270円で小皿に山盛りの野菜が出てくる。腹が減っていたらこの辺から始めるのもいいと思います。

 


f:id:kanibeam_com:20170113185730j:image

もつ焼(ヤキトリと呼称します)到着しました。塩が好きです。

 


f:id:kanibeam_com:20170113185825j:image

もはや何を頼んだのか覚えていませんが多分これはカシラです。

 


f:id:kanibeam_com:20170113185849j:image

でこれが多分レバー。僕はレバーが死ぬほど好きなのですがここの焼き方はかなりベストに近い状態でした。モサモサするのは論外だけど、ほぼ生のトロトロレバーも少し物足りない感じ。その50/50を絶妙に突いています。

 


f:id:kanibeam_com:20170113190024j:image

おそらく…シロだと思います。超ふわふわで美味かった。「歯がいらないんじゃないか」くらいのフワフワ。なのに脂っこくない。

 


f:id:kanibeam_com:20170113190126j:image

次弾。ここは煮込みも超有名。


f:id:kanibeam_com:20170113190411j:image

なにしろ先程のフワッフワのシロがてんこ盛りに入っている。味噌と豚の脂のマリアージュ。浴びたいくらいうまいです。やや小ぶりに見えますがこの中にほぼ汁気はないのです。トロトロフワフワのモツを10個は食べた。

 


f:id:kanibeam_com:20170113190406j:image

次弾もつ焼き来ました。

 


f:id:kanibeam_com:20170113190659j:image

あぶら(タレ)超ふわふわです。かなり脂が乗っている。

 


f:id:kanibeam_com:20170113190735j:image

レバーは先程よりトロトロの仕上げでした。

 


f:id:kanibeam_com:20170113190844j:image

実は同じものなんですあぶら(塩)。まさしく脂が乗っているのでレモンサワーで流し込むと幸せです。

 

 

 


f:id:kanibeam_com:20170113191110j:image

でも最後はレバー(塩)に戻っちゃう。

 

も~ホントに死ぬほど好きなんです塩焼きのレバー。

 

Tips的な話ですがもつ焼きはかなり出てくるのが遅いです。目の前で見てたんだけどどうやら相当弱火で焼いている様子。

 

だからこそ肉の仕上がりが全品抜群なんでしょう。このクォリティのもつ焼きが1本80円は衝撃で、行列もやむなしって感じ。

 

これだけ飲んで食って(瓶ビール1、レモンサワー1、もつ焼きが計9本、煮込み、生野菜、ガツ刺し)会計なんと2530円でした。神か。

 

またタイミングが合えば飲みに来ます。半年後か1年後が分からないけど。